カーテンの採寸方法と出張訪問

|
カーテンの採寸というのは測ったことがないとよくわかりませんね。
レールを隠すか隠さないかによっても丈の長さが変わってくるかと思います。

カーテン丈(縦の長さ)を測る時には基本、レールのフック穴から床までの長さを測ります。
レースカーテンならフック穴から床までの長さから2cmほど引いた長さ、ドレープカーテンは1cm引いた長さをカーテンの丈の長さとするようです。

カーテン巾(横の長さ)は、左端のフック穴から右端のフック穴までを測ります。
プリーツカーテンのひだの長さを考慮して、測った長さにゆとりを5%ほどプラスしたものがカーテンの巾になるそうです。

オーダーカーテンを購入したいと思っているなら、自分で採寸するのが不安な方も多いのではないでしょうか。ネットでオーダーカーテンを注文するなら、家に訪問してくれて採寸を行ってくれるところに依頼したいですね。出張訪問を無料でしてくれるショップもあります。もちろん見積りもしてくれます。
これなら採寸を間違えることはないですし、さらにヒダの量を変えたり、レールを替えたりと好みのアレンジも加えることができます。

地域に密着したカーテンショップに依頼したいですね。
関西に住んでいる方なら大阪や京都、神戸に出張してくれるところに依頼しましょう。

おすすめブログ