飾り付けの最近のブログ記事

すでに海外ブランドのカーテンとして加工されてしまっている状態ではなく、自分で加工したいという場合には、カーテンを縫製する前の生地の状態で販売しているお店もあります。
裁縫が得意だという人であれば、他の物に作りあげる事も可能ではないでしょうか。

海外ブランドのカーテン生地は、日本ではなかなか手に入らなそうな感じのおしゃれな生地も多いかと思います。通常の生地に比べると、丈夫であるという事が考えられますので、例えばクッションカバーに加工したり、バッグに加工して使ったりする事もできるかと思います。

たくさん購入しておけば、いろんな物に応用できそうですね。
お気に入りの生地をたくさん見つけたいですね。

ダイエットのため

|
最近ダイエットのため、おやつはリンゴにしています。
朝、リンゴの皮をむいて切ってタッパに詰めたのに
持ってくるの忘れてしまいました。

ドレス

|

うさみみのドレスで神田うのさんの写真を見ました。

うーん...

もっと若い人が着るといいのになー。

盛り付け

|
価格も安く、わかっていて入った店だといいですが、

ゆっくり腰を据えて食べようとしたお店で

盛り付けがあまりに雑だと、すこし残念になります。


以前にも、色と見た目の記事を書きましたが、

見た目での印象はおいしさの第一印象です。

なので盛り付けも料理の一貫、おみせの顔として・・・


なんて意識はないんでしょうねw

食の色彩は主に「野菜」を使って行われます。それは、緑黄色野菜と言われているように、緑や黄色、トマトやニンジンにいたっては赤色まであります。

それは一般的には、飾り付けと言います。良い色彩の料理を目の前にしたときは、とても食べたくなりますが、色にこだわっていないメニューはおいしさ半減です。

飾り付けは他にも凝ったものでは、飾り切りという技があります。

よく知られているのは、「タコさんウィンナー」「うさぎのリンゴ」などです。飾りつけに関しては、和食と中華がとても色彩鮮やかです。


・・・だから、タコさんウィンナーはつまみ食いされやすいのか!?