オーダーカーテンについての最近のブログ記事

自宅用のオーダーカーテン

|

普通の自宅用に利用するカーテンをオーダーカーテンで購入する場合なら、カーテンの大きさを自分で決定しないといけません。

しかし、カーテンには"ひだ"が入ります。
そのため、窓の横幅よりも更に長い横幅の生地が必要になります。

オーダーカーテンでもどの程度の"ひだ"が入るのかをしっかりと考えておかないといけません。また、レースのカーテンを同時に利用する場合にも"ひだ"の入り方は違ってきます。

オーダーカーテンは注文する時にサイズをよく確認しておく必要があります。

ピッタリのサイズのカーテンを購入しましょう。

取扱店も多いオーダーカーテン

|

カーテンを買う時に、既成のカーテンではなく、オーダーカーテンを買う人が増えています。

オーダーカーテンを扱っているお店が増えた事や、低価格で手に入る様になった事がその要因として考えられます。そして、種類も多く、デザインや機能で妥協する必要はありません。

本当に自分が気に入った物が購入できます。

また、オーダーカーテンを利用するほどではないという場合には、セミオーダーカーテンというサービスを利用する人も増えています。

カーテンの買い物が楽しくなる事間違いないでしょう。

気品にあふれたオペラカーテン

|

劇場などに行くと、オペラカーテンが設置されている事もあります。

このオペラカーテンがある事によって舞台の上で準備をしているのを観客に見られない様にするという事はもちろんですが、観客の期待がますます膨らむ事があります。わくわくして開始されるのが待ちきれない気持ちになる事もあります。

オペラカーテンには、他ではない様な独特の素晴らしい気品があります。

まだかまだかとオペラカーテンが開くのを待ったという経験があるという人もいるでしょう。 舞台の上に照明が当たり、オペラカーテンは更に美しく見える事もあります。劇場などに足を運ぶ機会がある人は、ぜひこの美しさも堪能したいですね。

カーテンの採寸方法と出張訪問

|
カーテンの採寸というのは測ったことがないとよくわかりませんね。
レールを隠すか隠さないかによっても丈の長さが変わってくるかと思います。

カーテン丈(縦の長さ)を測る時には基本、レールのフック穴から床までの長さを測ります。
レースカーテンならフック穴から床までの長さから2cmほど引いた長さ、ドレープカーテンは1cm引いた長さをカーテンの丈の長さとするようです。

カーテン巾(横の長さ)は、左端のフック穴から右端のフック穴までを測ります。
プリーツカーテンのひだの長さを考慮して、測った長さにゆとりを5%ほどプラスしたものがカーテンの巾になるそうです。

オーダーカーテンを購入したいと思っているなら、自分で採寸するのが不安な方も多いのではないでしょうか。ネットでオーダーカーテンを注文するなら、家に訪問してくれて採寸を行ってくれるところに依頼したいですね。出張訪問を無料でしてくれるショップもあります。もちろん見積りもしてくれます。
これなら採寸を間違えることはないですし、さらにヒダの量を変えたり、レールを替えたりと好みのアレンジも加えることができます。

地域に密着したカーテンショップに依頼したいですね。
関西に住んでいる方なら大阪や京都、神戸に出張してくれるところに依頼しましょう。

なんだか...

|
毎日なんだか時間がたっています。

毎日忙しいとは思っていないのですが、

なんだか時間が過ぎています...