カーテンの最近のブログ記事

こだわりたいカーテン

|

カーテンにこだわる人の中にはオーダーカーテンを利用します。

しかし、せっかくオーダーカーテンを購入するならカーテンレールにもこだわりたいですね。良いカーテンレールを使用すると、途中でカーテンがつまったりする事はなく、スムーズにカーテンの開け閉めを行う事ができます。

またカーテンと摩擦を起こしてしまいカーテンが痛みやすくなる事もありますので、カーテンに合ったカーテンレールを選びたいですね。

あと注意したいのはカーテンレールの取り付けです。場合によっては取り付けの工事を行わないといけない事もありますので注意したいですね。

カーテンの採寸方法と出張訪問

|
カーテンの採寸というのは測ったことがないとよくわかりませんね。
レールを隠すか隠さないかによっても丈の長さが変わってくるかと思います。

カーテン丈(縦の長さ)を測る時には基本、レールのフック穴から床までの長さを測ります。
レースカーテンならフック穴から床までの長さから2cmほど引いた長さ、ドレープカーテンは1cm引いた長さをカーテンの丈の長さとするようです。

カーテン巾(横の長さ)は、左端のフック穴から右端のフック穴までを測ります。
プリーツカーテンのひだの長さを考慮して、測った長さにゆとりを5%ほどプラスしたものがカーテンの巾になるそうです。

オーダーカーテンを購入したいと思っているなら、自分で採寸するのが不安な方も多いのではないでしょうか。ネットでオーダーカーテンを注文するなら、家に訪問してくれて採寸を行ってくれるところに依頼したいですね。出張訪問を無料でしてくれるショップもあります。もちろん見積りもしてくれます。
これなら採寸を間違えることはないですし、さらにヒダの量を変えたり、レールを替えたりと好みのアレンジも加えることができます。

地域に密着したカーテンショップに依頼したいですね。
関西に住んでいる方なら大阪や京都、神戸に出張してくれるところに依頼しましょう。
すでに海外ブランドのカーテンとして加工されてしまっている状態ではなく、自分で加工したいという場合には、カーテンを縫製する前の生地の状態で販売しているお店もあります。
裁縫が得意だという人であれば、他の物に作りあげる事も可能ではないでしょうか。

海外ブランドのカーテン生地は、日本ではなかなか手に入らなそうな感じのおしゃれな生地も多いかと思います。通常の生地に比べると、丈夫であるという事が考えられますので、例えばクッションカバーに加工したり、バッグに加工して使ったりする事もできるかと思います。

たくさん購入しておけば、いろんな物に応用できそうですね。
お気に入りの生地をたくさん見つけたいですね。
犬や猫、またはウサギなどの小動物はペットとして人気があり、たくさんの人が一緒に生活しています。しかし、毛が落ちたりダニが気になったりする事も多い様ですね。なるべく部屋の中を清潔に保つ事が大切です。掃除機をかけるなど掃除を頻繁に行う事が必要になってくるでしょう。また、あちこち動き回るのでカーテンも汚れてしまう事があるかと思います。オーダーカーテンの中で、洗濯機で洗える物を選んだり、防菌効果がある生地を選ぶなど、ペットにとっても、人間にとっても住みやすい環境にしたいですね。まずは清潔な環境を保つのに効果を発揮してくれるオーダーカーテンを見つけて設置してはどうでしょうか。